幸福になれるかどうかは視野の広さで決まるかも

心理学

今回は人の幸福の感じ方についてです。

所得や労働環境、人間関係などでも幸福というのはもちろん変わってきますが今回取り挙げるのは幸せの感じ方の問題です。

面白いことに人は幸せになろうなろうとすると幸せになれないということもご紹介します


広告コード【

お金のなる木

今回紹介するのはウエスタンワシントン大学の有名な実験でお金のなる木として知られているもの。

研究者たちは実際に大学の木にドル札をいくつもぶら下げておきどのくらいの学生が気づくことができるのか?ということを調べました。(N)

すると実際にお金を見つけることが出来たのは通行人中たったの6%にも満たなかったとのことで、なぜこのようになってしまったのでしょうか。

幸福を感じるのに必要な視野の広さ

実験で見つけられなかった学生の多くは音楽を聞いていたり、携帯をいじっていたりなにか別の作業をしながら歩いていました。

ここから幸福に感じられるかどうかはどれだけ日頃から冷静に視野を広げられているかが重要かと考えられます。

人間は基本的にながら作業(マルチタスク)をすると脳に負荷がかかり集中力や視野が落ちてしまいます。

運動をしながら本を読むなどいい例外もありますが、音楽やテレビを見ながらの勉強は基本的にはマルチタスクとなりぶっちゃけ脳を疲労させてしまうんですね。

音楽を聴いた方が捗る!なんて言う方もいらっしゃいますが残念ながらそれはで、音楽にはモチベーションをあげる効果があるのでいかにも進んでいるかのように錯覚してしまう場合がほとんど。

自分も中学の頃は何も知らず音楽を聴きながらやっていましはたが今思うと効率は酷かったと思っています。

それに悪いことがあった時も要注意です。叱られたり悪いことが起こった時にはネガティブバイアスが働き悪いことにとても敏感になってしまいます。

だから幸せになろうとするとかえって今が不幸だと認識してしまいネガティブバイアスが働くわけです。

普段なら気にならないことも気になってしまったり逆に少し良いことが起こってもなんとも感じなくなってしまうんですね。

そんな時には1度自己開示やエクスプレッシブライティングをしてストレスを軽減したり寝て回復するのが良いと思われます。

エクスプレッシブライティングってなんだって思った方は前の投稿で紹介しているのでそちらも是非参考に。


毎日3ついいことを紙に書いたり思い出すだけで幸せになる

ここでじゃあいいことに反応するにはどうすれば良い?ってことなんですがそんな時は一日の終わりに最低でも3ついいことを書くというスリーグッドシングスをしてみましょう。書くことですがどんな小さなことでも構いません。朝きちんと起きれただとかご飯がおいしかったなど最低でも3つは書きましょう。これを一か月するとメンタルが強化され抑うつが改善する効果があります。

ちなみに僕はこれをもう8か月以上やっていますがかなり視野が広がり日常でも幅広く幸福に感じれるようになったと思います。

できる方はエクスプレッシブライティングの後にすると睡眠の質も上がるのでぜひやってみてください!

広告コード【

おわりに

いかがだったでしょうか。今回は幸福という割と抽象的なことを取り挙げましたが日頃の行動で幸福度というものも上げられるということがお分かりいただけたと思います。

特に現代ではマルチタスクが多すぎるので注意してください。

この記事が皆さんの生活に役立ったら幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました!

SNSなどで共有していただけたら嬉しいです!