モチベーションをアップして維持させる休日の計画の立て方~その2~

小技

(2019年10月31日更新)

こんにちは。竜史です。

前回の続きということで、今回も休日にあることをするだけでモチベーションがって話を書いていこうと思います。 そこで紹介するのが3つのCといわれる判断基準で、なんだったかというと

  • Careful planning (綿密な計画)
  • Controllability (時間を操作できているという感覚)
  • Challenging(新しいことへの挑戦)

この3つが重要でございました。 Careful planning については前の投稿で紹介しているのでぜひ参考にどうぞ!

広告コード【

コントローラビリティ~時間を操作できている感覚~

二つ目のCであるControllabilityですが、ケアフルプランニングとは密接に関わっています。

それでコントローラビリティって何だと言うと、 計画を実行した時に感じる自由さ と答えるのが無難かと。

前回紹介したエラスムス&アイダホ大学の論文では、旅行が楽しかったかそうでないかに関わらずどちらのグループもモチベーションは約2週間しか続かなかったよと紹介しました。

しかしそこには例外が。計画を自分で立てて旅行に行った人たちはその後の追跡調査においてモチベーションを約8~11週間も持続させたというお話でしたね。

ここでなぜかというと研究者チームは

計画を実行できたことで自由を感じることができ、それが幸福やモチベーションに繋がったのではないか?

との見解を出しています。

なお人々は行動であったり意思決定においては自由を求める生き物なので、計画を実行できたことで味わえる自由がモチベーションだけでなく幸福度も上げる、という見解にもなんだか納得してしまいます。

ここまでのまとめとしては計画を具体的に立てて実行することでモチベーションを上げられるということでした。

まかせっきりはもったいない

しかし日本人の悪い点と言ったらアレですが、ほかの国と比べると日本人は他人に任せがちな傾向があるので要注意!

せっかくの旅行なのにめんどくさいからツアーに申し込んだり、友達に全部任せるのはもったいないです。 なのでできるだけ自分で計画する、もしくは友達と一緒に行く際は計画を任せてもらうか友達と一緒にするのがいいかと思います。 

Challenging~新しいことへの挑戦~

最後のCであるチャレンジングです。どういうことかというと、

新しいものに挑戦しよう!ということです。

理由は簡単で、いつも同じ食べ物や遊びをしていると脳が慣れて次第に刺激や幸福を感じにくくなってしまいます。

これは別に悪いことではなく生物が持つホメオスタシス(恒常性)によるものです

昔は変化する環境に適応できないと絶滅してしまうので必要な機能だったの決して悪者ではないのですが、この場合マイナス面に働き既に体験したことは体が次第に慣れていってしまいます。

なので旅行は自分の知らない場所や体験をすることがベスト。 なお今回の実験において、新しい体験をしたグループは脳が活性化しより幸福に感じられその後のモチベーションも長かったのだそう。

実生活での応用

今回の実験は旅行ということでしたが別に遊びに行く際も構わないと思います。

ただそこに計画を立てて、新しい要素を取り入れることができたら御の字。

例えば服を買いに行きランチをするといった場合も

「いつもは○○らへんで服を買っているけれど今回は新しく古着店に行ってみようかな。いつも暖色系の服を選ぶけれど今回は寒色系も爽やかでいいかも。ランチも大体洋食だったけど今回は和食にしてみよう。じゃあ計画は何時何分に起きて、、、、、」

といった風にできるわけです。 この場合は積極的に新しいことを取り入れていますが、初めは別に1つ2つでも構いません。 どうしても新しい所に行くことはし不安も感じてしまうので少しずつ増やしていければ大丈夫

ちなみに僕は受験期にせっかくの日曜日で家でゴロゴロするのはもったいないなと感じ、ちょうどその時期YouTubeで壁を上る系のアクションゲームの実況見ていました。

そこで何を思ったか覚えていませんが 「ボルダリングジムいけばよくね?」 と思いケアフルプランニングをしてボルダリングへ一人で行ったこともあります(笑)

ですが全く新しい体験で体も動かせたのでめちゃくちゃ楽しくて、不思議なことに思い出すだけで今でも幸福を感じられます。

このように自分で計画立てて新しいことに挑戦すると記憶にしっかり刻まれるので後から思い出しても幸福を感じられるんですね。

広告コード【

おわりに

とりあえず重要なのは

  1. バッファを空けて具体的に計画をしよう!
  2. 計画を実行して自由に生きているという感覚を味わおう!
  3. 新しいことにチャレンジしてみよう!

ということでした。

これをやるとやらないとではめっちゃ差が出てきます。

というのも楽しさに関わらずモチベーションは2週間前後しか続きませんが、実際我々の生活で2週間おきに旅行に行ったり遊んだりするのは金銭的にも厳しいかと思われます。

逆にこのテクニックさえ使えば最低でも1か月以上はモチベーションが続くのでお金の節約にもなりますし幸福度も上げられます。

ぜひ活用してみてください。 ここまで読んでいただきありがとうございました!