【万能】最強のコミュニケーションツール『傾聴能力』を身につけよう

万能な心理スキル
心理学
心配性の人
心配性の人
ビジネススキルの中で傾聴って聞くけど、そもそも傾聴って何?どうやって鍛えるの?

こういった疑問を解消します。

コミュニケーションにおいて必須になる能力の一つが「傾聴」。

傾聴能力を鍛えればどんな人とも仲良くなれますし、良い人間関係を築くことができます。

そこで今回は傾聴の具体的方法を紹介。

今回紹介する方法はテロリストにも説得する、FBIの交渉人(ネゴシエーター)が使用するテクニック。

  • 職場
  • 友人関係
  • 恋人とのコミュニケーション

などなど、どんな場にも応用可能なコンテンツを紹介します!

本記事の内容はこちら。

✔記事の内容

最強のコミュニケーションツール「傾聴能力」とは

最強のコミュニケーションツール「傾聴能力」のポイント

傾聴能力を身につけるのにオススメな本

傾聴したら説得のフェイズ

コミュニケーションや傾聴をもっと学ぶには

まとめ

簡単に使えますので、ぜひ参考にしてください!

広告コード【

最強のコミュニケーションツール「傾聴能力」とは

右を向く女性

まず初めに「傾聴」の説明を。

傾聴とは、

相手にき相手のことをく能力のこと。

要するに相手に自分はあなたの味方ですよ!と訴える能力です。

「なんだ当たり前のことかよ!」

一見簡単に思われるかもしれませんが、実際多くの人はほとんどできていません。

というのも多くの人は何かお願い事をする前に、傾聴のステップをすっ飛ばしてしまうからです。

そして継続して意識するのが難しい。

ですが常に意識すれば、大きな説得や交渉も可能になるほど大きな能力です。

では傾聴の具体的方法やポイントを紹介します。

最強のコミュニケーションツール「傾聴能力」のポイント

アイデア

先ほど紹介したように、今回紹介するテクニックはFBIの交渉人(ネゴシエーター)も使うもの。

よくあるシーンですが、実際テロリストや犯罪者が人質を取る場面でも使われています。

そんな重要な場面でも使用されるテクニックはこちら。

✔傾聴のポイント

相手がとにかく正義

素早くうなずく

オープンクエスチョンを利用

時折相手の発言を繰り返して確認

それぞれ深掘りしていきます。

相手が正義!批判や口出し、評価は禁物

これがぶっちゃけ一番重要。

傾聴の基本は相手が正義。批判や口出し、評価は禁物です。

例え自分が相手の発言と違う考えを持っていたとしても、これらの発言は初めの段階では控えましょう。

理由としては、基本人間は自分の事が好きな生き物。

間違っていようがいまいが、自分のことを否定されるといやな気持になりますよね。

特に注意すべきなのは口出しや評価も禁止な点。

「わかるわかる!それっていいよね!」

と気安く使うと相手は

「こいつ、、、ただただ合わせているだけだな?」

と思われてしまいます。

このステップが傾聴の中でも最も重要。

とにかく相手が正義で変に自分は口出ししない事を意識してください。

かといって何も言わないのはまずいので、次の3つのテクニックを混ぜていきます。

素早くうなずく

相手の話を聞いている最中は、素早くうなずく動作も必要。

ただボーっとして聞いていると信用を失いかねません。

そこで相手の目を見ながら「素早く」うなずく動作が重要になってきます。

理由は相手の話のテンポを落とさないため。

皆さんもつい自分の興味のある話をするときはブァーっとマシンガントークになりがちですよね(笑)

特に女性はこのような経験が多いのではないでしょうか?

「ねぇねぇ聞いてよー!このまえさー、私さー、昨日ショッピングモールに行ったらさー、イケメンに話しかけられたんだよねー!!!

それでそれでさー、、、、、、、」

よくある自慢話ですが、自慢話が来たらむしろチャンス。

素早くうなずきましょう。

また驚嘆の感情もセットで使うと効果的。

そうすると相手は自分を信頼してくれてバンバン話を聞き出せます。

オープンクエスチョンで相手に関心を寄せる

そして、あなたの話に関心がありますよ!と相手に伝えるためオープンクエスチョンを使います。

オープンクエスチョンとは「YES」「NO」で答えられない質問のこと。

逆に「YES」「NO」で答えられる質問をクローズドクエスチョンと言います。

  • WHAT(何が)
  • WHEN(いつ)
  • WHOSE(誰の)
  • WHY(なぜ)
  • WHERE(どこで)
  • HOW(どうやって)

これら5W1Hを用いて相手に質問しましょう。

例えば先ほどの女性の話に質問をしてみます

A「ねぇねぇ聞いてよー!このまえさー、私さー、昨日ショッピングモールに行ったらさー、イケメンに話しかけられたんだよねー!!!」

B「へぇー!いいなぁー!私もそんな経験してみたいわ(笑)ちなみにその人ってどんな顔だったの?

A「ほんと顔は爽やかで佐藤健似って感じー!」

B「めっちゃイケメンじゃん!その後どうしたの?

A「そのあとカフェに誘われちゃって、、、//」  、、、、

このように相手に質問をすることで相手の警戒が解ける訳です。

「こいつ、自分の話を聞いてくれてるな」と。

では最後のテクニックに進みます。

時折相手の発言を繰り返して確認する(ミラリング)

ここまで少しおさらいすると

  1. 反論や口出しをせず、ひたすら聞く
  2. 素早いうなずきを入れる
  3. オープンクエスチョンで関心を寄せる

こんな流れでした。

ここまでしっかりやれば、かなり相手は話しているはず。

最終的に相手の発言を繰り返して確認しましょう。

これを心理学用語ではミラリングと言います。

ただし、注意が必要で勝手に自分の認識で要約するのはアウト。

「それって要するに○○でしょ?」

「わかったわかった、それってこう言う事ね!」

ちゃんと相手の発言通りに要約できれば大丈夫ですが、変に自分の中で勘違いするとぶち壊しに。

これも先ほどの例を用いましょう。

A「ねぇねぇ聞いてよー!このまえさー、私さー、昨日ショッピングモールに行ったらさー、イケメンに話しかけられたんだよねー!!!」

B「へぇー!いいなぁー!私もそんな経験してみたいわ(笑)ちなみにその人ってどんな顔だったの?

A「ほんと顔は爽やかで佐藤健似って感じー!」

B「めっちゃイケメンじゃん!そのあとどうしたの?

A「そのあとカフェに誘われちゃって、、、//」

B「あぁー、要するにA子はナンパされてふらっとついて行っちゃったわけだ!」

これは最悪です。

Bにも嫉妬心が芽生えてしまうのは分かりますが、相手が話して気持ちよくなった所を

「ナンパされてふらっとついて行った」と勝手に自分でまとめています。

こうなると相手は一気にクールダウンしてしまいます。

「ナンパされて」という表現も変えるべき。

もし言い換えるとしたら

「じゃあ確認したいんだけど、A子は昨日佐藤健似のイケメンに話しかけられて、素敵な時間を過ごせたんだね!」

「確認したいんだけど」と切り出して下手に出ましょう。

今回は友人との会話を例にしました。

他にも営業で顧客の話や悩みを聞く際など至る場面で応用可能です。

傾聴能力を身につけるのにオススメな本やサービス

飛び跳ねる女性

ここまで傾聴のテクニックを紹介してきました。

他にも傾聴のテクニックを学べる本はD・カーネギーの「人を動かす」がオススメです。

この本は人間関係を良好にする方法がストーリーを元に紹介されています。

特に今回紹介した「相手が正義!」という内容もこの本に掲載されています。

この本の知識を実践すればかなり傾聴能力を鍛えられますし、良好な人間関係を築けるでしょう。

詳しくはこちらの記事で書評をしているので、ぜひご覧ください。

【書評】「人を動かす」の感想と評価!人に好かれる行動とは?

【書評】「人を動かす」の感想と評価!人に好かれる行動とは?

またコミュニケーションやプレゼンについて学ぶなら、Udemyというサービスがオススメ。

Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォーム。

全世界に4000万人もの生徒がおり、Googleやマイクロソフトの元社員といったエリートの授業も。

こちらの記事でUdemyの詳しい説明や特徴、授業について解説しているのでぜひご覧下さい!

【スキルアップ】世界最大級のオンライン学習プラットフォームUdemyとは?

【3分で解説】全世界4000万の生徒が受講するUdemyとは?

傾聴したら説得のフェイズ

ビジネスマン

ここまで傾聴のテクニックを紹介してきました。

ここまでで相手の警戒を解く段階は完了です。

どうでしょう、皆さん人に説得する際にここまでしますか?(笑)

意外と難しいと思います。

僕も当然ここまではしませんでしたが、傾聴を勉強してからは意識するようになりました。

少しでも意識してみてください。

さて、相手にずっと傾聴していてもいい風に利用され兼ねません。

そこでようやく相手の説得に入ります。

そこで当ブログでもいくつか説得術を紹介しており、

  • 2倍に説得力が上がる方法
  • 頭の良い人ほど効く話し方

などなど紹介しております。

以下からそれぞれの記事が見れますのでぜひ参考に。

【丸パクリOK】相手を2倍も説得させる超簡単な方法とは【5秒で使える】

説得力のあるプレゼンの上手い話し方とは【賢い人ほど効果絶大】

広告コード【

まとめ

ノート

いかがだったでしょうか。

正直傾聴の能力はコミュニケーションにおいて万能。

人間関係も良好になりますし、人にも好かれる事ができます。

今回の記事をまとめておくと、こんな感じ。

✔まとめ

  • 傾聴能力とは相手に関心を寄せること
  • 相手が正義!口出しや批判、評価は禁止
  • 素早くうなずく
  • オープンクエスチョンで相手に話させる
  • 相手の発言を繰り返してミラリングする

皆さんの私生活にぜひ役立てて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また当ブログでは、皆さんが日常で簡単に使える心理学の知識を発信しています。

以下から心理学の記事一覧にページに行けるので、ぜひご覧ください!