【森林浴】豊田市にある王滝渓谷の自然を紹介

旅行の記事

今回は三回目の森林浴シリーズということで、豊田市の王滝渓谷へ行ってまいりました。

日曜日(2019年10月27日)に予定がなんもなかったんで午前中にブログを更新して午後に出発。

いつものごとく今回もしっかりと自然の中で癒されてきました。

更に後で紹介するのですが、いかにも修行できそうなでっかい岩に囲まれたパワースポットもありました。

なんか、自然ってすげえなとその風景を思い出すたび感動してます。

なお今回も事前に3つのCを意識した計画を立てて出発しているのでモチベーションもなかなか。

3つのCって何?って思った方はこちらをどうぞ。

なぜ王滝渓谷を選んだのかですが特にこれといった理由はありません(笑)

しいて言えばまだ車を運転できないので、比較的近場で交通費があんまり高くならないところに森林浴に行きたいなーと思った次第でございます。

それでは今回ものほほんと書いていきます。

safariで画像が読み込まれない事態が発生しています。

chromeだとどうやら画像が反映されるみたいなので、お手数ですが画像が見れない方は一度chromeから見ていただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

広告コード【

王滝渓谷を目指して

12:45、王滝渓谷を目指し家を出発します。

軽ーく道のりを説明しておくと、

名鉄名古屋→東岡崎→王滝町までバス

とこんな感じ。

バスが約50分くらいかかって正直長かったです、、、、

でも一人でゆったり音楽を聴きながら街並みを眺めるのも落ち着いてよかったなと思います。

いざ王滝渓谷へ

バスから降りるともうすでに隣に川が流れて空気も美味しい所へ到着。

写真からもわかるとおり、もうすでに綺麗です。

歩いているのが車道なのですが、車道の端っこを一人で歩くが初めてでなんか旅してる感があってわくわくしました(笑)

そんなこんなしていると王滝渓谷への道が。

奥へと歩いていきます。

王滝渓谷を散策

進んでいくとついに看板を発見。

ここから散策が始まります。

写真だと明るく取れてしまっているのですが、意外と薄暗くて静かでした。

空気はほんとにきれいでただいるだけでストレスが消えていく感じ。

そしてまた更に上っていきます。

上っていくと、展望台がどうやらあるという看板を発見したので行くこと。

しかし決めたはよかったが、上るのがマジできつかった。

ただの山登りやん、、、と思いながらなんとか展望台に到着。

そこからの風景がこちら。

夕暮れ時に展望台から見る風景は幻想的。

少し気が邪魔だと思う方もいるかもしれませんが、これはこれでいい味を出していると個人的には思います。

頑張って登ってよかった、、、

渓谷の頂上に

そして一度展望台から降りて散策コースの順路を再び進みます。

そしてまた始まる山登り。

でも大学生になってから改めて、昔みたいに夢中になってひたすら探索することが冒険をしているみたいで新鮮な経験になりました(笑)

そうしてガンガン進んでいくと、マップに描いてあった頂上らへんの橋が見えてきました。

中学でやった一点透視図法を思い出させるほど長い橋です。現実で見た時も遠近感がめっちゃありました。

王滝渓谷の奥:岩に囲まれたパワースポットへ

先ほどの橋を渡り、もう少しだけ先に進むとまた自然がむき出しになった場所へ。

ごつごつとした大きな石も現れてきました。

そして奥へ進むとなにやら細い道が。

そして入ってみると修行スポットですよと言わんばかりの岩に囲まれたパワースポットが出てきます。

この場所を見たときは思わず声が出てしまいました。

画像だとわからないのですが川の流れの音が激しく、周りは4~5m級の岩に囲まれている状況です。

ほんとに自然にこんな場所ができるのかと疑問に思うくらい迫力があります。

この場所で回りを1周動画に撮ってみました

(あんまきれいに撮れてません_(._.)_)

広告コード【

おわりに

今回は王滝渓谷について紹介してみました。

編集している時にいろんな画像を見ましたが生で見たときの感動を思い出せますし、見ているだけで癒されます。

特にあのパワースポットの印象は強烈すぎたので忘れようもないです(笑)

写真も実はあまり編集していません。

最近iPhone11(Proではない)に変えて何も編集をせずともきれいな画像が取れるのでありがたい。

ただ今回はそんなにうまく撮れなかったやつもあるので、もっとカメラスキルを磨きたいところです。

気になった方はぜひ一度、豊田市の王滝渓谷へ足を運んでみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました!