【新作】フェデラーのテニスシューズがついにOnへ。愛用者が色々教えます

テニス
フェデラーファン
フェデラーファン
フェデラーがテニスシューズをナイキからOnに変えるらしいけれど、Onって何?色々教えて

このような疑問を解決します。

✔記事の内容

フェデラーのテニスシューズがついにナイキからOnへ

そもそもOnって何?基本情報を色々まとめてみた

残念ながら国内はまだ未販売。直に販売スタートの予定

たつし
たつし
どうも、テニス好きブロガーのたつし(@tatsushi.k)と申します

 

今回の記事はフェデラーのテニスシューズについて。

ウェアは既にユニクロになっているものの、シューズだけはずっとナイキのエアズームヴェイパーでした。

 

しかし今回は元々フェデラーと契約していた、スイスのスニーカーブランド「On」がテニスシューズを開発することに。

そこで今回は最新情報やOnについてまとめてみようと思います。

✔権威性

  • 実際にOnのスニーカーを購入して愛用
  • 小学校1年生から習い事としてテニスを開始
  • InstagramやYouTubeでも自身のテニス活動を発信
  • 中学から本格的にクラブに入り始め10年以上テニスを継続
  • 高校大学はテニス部に入り、現在もテニスプレーヤーとして日々努力する
  • 高2の時に心理学や健康の知識に興味を持ち、役立つライフハック的知識を当「たつじんblog」で発信

 

フェデラーがOnのテニスシューズを使用しますが、ぶっちゃけOnのスニーカーはどれもかなり履きやすい。(お店で試着済み)

特に「Cloudflow(クラウドフロー)」が格段に軽く、デザインもシンプルです。

Onのスニーカー

 

ランニングにも使用できますし、何より履いている人がまだ少ないのでオススメですよ。

>>フェデラー使用のスニーカーはこちら

 

※残念ながらまだテニスシューズは国内未販売のようです

スポンサードサーチ

【【【 】】】

フェデラーのテニスシューズがついにナイキからOnへ

Onのテニスシューズ

 

テニスは球技。ランニングとはまったく異なるスポーツです。

「テニスプレーヤーが横方向へ移動をする時、シューズには最大で体重の3倍もの負荷がかかります。このような大きな力に対応するには、かなりの敏捷性と安定性が必要となります。それを生み出すために、ロジャーと協力して開発に励みました」(ベルンハルト)

そうして生まれたのが、高密度で高性能なフォームを使用した、頑丈なミッドソールです。

このミッドソールのエッジはシューズの外側まで広がるように設計されています。そのため、シューズのフットベッドが拡張され安定性が向上しています。

ミッドフット周辺には、高速ラリー時に足をあるべき場所に保てるようサポートする役割も備わっています。

引用:https://www.on-running.com/ja-jp/theroger/pro

 

ついにフェデラーのテニスシューズがナイキからスイスの高機能シューズメーカー「On」に切り替わりましたね。

フェデラーはプロ転向してから2018年までずーっとナイキ契約で、ユニクロに転向してからもシューズだけはナイキのエアズームヴェイパーでした。

Roger Federer Tennis Shoes

▲ナイキのヴェイパーはフェデラーに限らずどれもカッコよかった

 

>>ナイキ:エアズームヴェイパーはこちら 

フェデラーが「On」と契約して共同開発

フェデラーとOn

 

しかし途中でシューズメーカーのOnと契約を結び、共同開発を開始しました。

実際にOnがフェデラーの祖国であるスイスで創設されフェデラーも開発に参加することに。

 

テニスシューズを使用する以前に、普段のスニーカーやランニングシューズはOnを使用していたんですね。

実は前々からフェデラーが「いずれOnのテニスシューズでプレーをするだろう」とほのめかしていたそう。

逆にスニーカーだけOnでテニスシューズだけナイキってのも変ですし(ウェアの契約が切れているため)、僕も予想はしていました。

この機会は来るべくして来た、という事ですね。

参考資料:https://www.thetennisdaily.jp/news/off-court/2020/0041290.php

 

ちなみにOnでも「THE・ROGER」が販売された

パフォーマンスとスタイルに捧げる共通の情熱から生まれた「THE ROGER Center Court」は、クラシックなテニスシューズの高度な技術を採用しました。タイムレスな美学を備えた、軽量で快適な履き心地のCloudTec®と、俊敏なパフォーマンスを陰で支えるSpeedboard®を組み合わせたこのスニーカーは、終日履いていても疲れません。

引用:https://www.on-running.com/ja-jp/articles/meet-the-roger

 

ちなみに抽選販売でフェデラーモデルのスニーカー「THE・ROGER Centre Court」が去年に販売されました。(即刻完売したらしい)

 

フェデラーらしい紳士的なデザインとOnが開発したCloudTecがコラボ。

他の「THE・ROGER」シリーズは購入できるみたいです▼

On THE ROGER

▲The Roger Advantage

 

>>THE・ROGER アドバンテージ M The Roger Advantage

>>その他On「THE・ROGER」シリーズはこちら

そもそもOnって何?基本情報を色々まとめてみた

 

「そもそもOnって何?」

 

こう思う方もいらっしゃるかと。

すみません。これまで皆さんが知っているかの如く書き殴っていましたので、一度基本情報を整理しますね。

✔Onの基本情報

  • スイスのアルプスで創設
  • シューズ・アウトドア・アパレルメーカー
  • ランニング・ハイキング・マラソン用などシューズ類が幅広い
  • 近年フェデラーが加入したことで認知度がかなり広まっている企業
  • 雲の上(On Cloud)を走るかの如く軽く柔らかいテクノロジーCloudTecが搭載

 

スイスのアルプスで生まれたOn。創設から今日まで、Onが目指す目標はただ一つ。ランニングセンセーションの革新。全ては、一つのアイデアに基づいている。それは、ソフトな着地と爆発的な蹴り出し。Onの言葉で言い換えるなら、「雲の上の走り」。

引用:https://www.on-running.com/ja-jp/about

 

再度申し上げますとOnはスイスのアルプスで生まれたブランド。スニーカーの他、アパレルや競技用のシューズを開発しています。

 

中でも特徴的なのが「CloudTec」というテクノロジー。

 

抜群に軽くて、かつどれだけ履いても疲れないという「雲の上の走り」を体感できます。

たつし
たつし
今までオニツカタイガーやナイキ、アディダスやVANSなど色々スニーカーを試してきました。
しかしOnのスニーカーを履いて歩いたときの衝撃はすごかったですね。本当に一日履いても疲れず、過去一軽い印象を受けました

中でもクラウドフローが抜群に軽い

俺の靴

 

 

Onの中で人気モデルかつ僕も使用しているのが「Cloud Flow」。

 

雲の上を走るかの如く、軽く柔らかいテクノロジーCloudTecが搭載されています。

使用目安としてはなんでもOK。ランニングから普通にお出かけまで基本的に大丈夫です。

しかし耐久性が他のOnのシリーズに比べて低いので、山とか岩肌を上る際は消耗が激しくなります。

履いている人があまりいないのでオススメ

有名になってきたとはいえ、個人的にオススメなポイントがまだ周りで履いている人が全然いない事。

 

特に僕は現在大学生で、周りを見渡すと

  • VANZ
  • ナイキAir Max
  • CONVERSE

ここら辺を履いている人が非常に多い。

 

たつし
たつし
他人と被るのが嫌な性格なので、その点Onを履いている人がまだいないのは嬉しいです

>>楽天でクラウドフローシリーズを検索

スポンサードサーチ

【【【 】】】

フェデラーのテニスシューズは今のところ販売未定

フェデラーとOn

 

残念ながら国内ではまだ販売未定な模様。

しかし今後恐らく販売されるはずなので、情報がわかり次第追記しますね。

 

他にもOnではフェデラーモデルのスニーカーも販売されておりますので、ぜひ参考にしてください。

>>On「THE・ROGER」シリーズはこちら

 

▼当ブログの人気記事

サムネ

あなたがテニスの試合に勝てない理由を全力で考察する【辞めたい人必見】

【テニス】錦織圭や大坂なおみの試合をテレビ放送で見る方法【完全版】

WOWOWの口コミ評判・メリットデメリットを加入歴10年以上がガチ解説

ウィルソンのラケットを徹底比較。特徴やオススメも【ヘビーユーザーが教える】

 

▼フェデラーの記事

フェデラーのフォアハンド完全マップ【画像&映像付き】

fedal

【神と神】フェデラーとナダルって結局どっちが強い?両者を徹底比較してみた