【神と神】フェデラーとナダルって結局どっちが強い?両者を徹底比較してみた

fedal テニス
結局フェデラーとナダルってどっちが強いの?

こんな疑問にお答えしつつ、今回の記事ではフェデラーとナダルについて比較していこうと思います。

✔記事の内容

  • フェデラーの基本情報と特徴
  • フェデラーの使用ギア
  • ナダルの基本情報と特徴
  • ナダルの使用ギア
  • フェデラーとナダルは結局どっちが強いのか問題
  • フェデラーとナダルは歴史上でも最高の選手

たつし
たつし
どうも、テニス好きブロガー兼YouTuberのたつし(@tatsushi.k)と申します

 

テニス界の神と神、フェデラーとナダル。

今回は彼らの特徴や強みを踏まえつつ結局どっちが強いのか述べていきたいと思います。

 

✔権威性

  • 小学校1年生から習い事としてテニスを開始
  • InstagramやYouTubeでも自身のテニス活動を発信
  • 中学から本格的にクラブに入り始め10年以上テニスを継続
  • 高校大学はテニス部に入り、現在もテニスプレーヤーとして日々努力する
  • 高2の時に心理学や健康の知識に興味を持ち、役立つライフハック的知識を当「たつじんblog」で発信

 

Instagram↓

 

(ちなみに先日PROSTAFFについてまとめ記事をツイートしたところ、ウィルソン硬式様から引用リツイートしていただきました。ありがとうございます、、、、!)

 

Youtubeチャンネル

 

結論から述べてしまうとフェデラーとナダルでは戦績やそのプレースタイルからナダルの方が強いと思っています。

しかし2017年からフェデラーが進化を遂げて対ナダル戦での弱点を克服し始めた、というのが正しいでしょう。

 

これからフェデラーとナダルに関して深掘りしようと思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

▼フェデラー使用の黒×黒ラケット

▼ナダル使用のスピンラケット

 

▼合わせて読みたい

フェデラー

フェデラーの強さをテニス歴10年以上が解説する【ユニクロおじさん】

PROSTAFFv11RF97

【1記事で理解】プロスタッフ(PROSTAFF)RF97の評価+レビュー

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ロジャーフェデラーの基本情報と特徴

フェデラー

 

✔フェデラーの基本情報

  • スイス出身:身長185㎝・体重85kg 
  • 史上最高のテニスプレーヤーと謳われる
  • スイングスピードが速く高速テニスが特徴
  • 全ての技術レベルがトップのオールラウンダー
  • あだ名:「ユニクロおじさん」「テニス大好きおじさん」「テニス星人」
  • ツアータイトル100勝を記録・世界ランク302週間1位・グランドスラム歴代最多20勝(2020年12月現在ナダルと同じ)など数々の記録を持つ

 

まずはフェデラーから。

言わずと知れたテニス界のレジェンド。フットワーク・メンタル・戦術など全てにおいてトップで、全世界にファンを持っています。

 

そんなフェデラーのプレースタイルは高速テニス。

フォアハンドは薄グリで(全盛期の2003~2006くらいまでは厚かった)、軌道が低くフラット系の球でかなりラリーのテンポが速いのが特徴的です。

2012~2015あたりは不調と言われ「引退か?」と噂され始めましたが、2017年に完全なるカムバックを遂げます。

2017年からはナダルに弱点として狙われていたバックハンドが進化し、高い打点からでも打ち込めるようになりました。

またのちに詳しく説明しますね。

 

フェデラーにはプレーに華があり

  • 美しいフォーム
  • 華麗なサーブ&ボレー
  • また抜きなどのスーパーショットを量産

あたかも難しい事を当たり前のように決めていきます。良い意味で彼の技術は参考になりません、、、

 

ちなみにフェデラーに関しては以下の記事で詳しく深掘りしています。

▼合わせて読みたい

フェデラー

フェデラーの強さをテニス歴10年以上が解説する【ユニクロおじさん】

フェデラーの使用ギア

PROSTAFFv11RF97

 

✔フェデラーの使用ギア

  • ラケット:Wilson(錦織と同様の生涯契約)PROSTAFF RF97
  • テニスシューズ:ナイキ
  • スニーカー:On(スイスのアウトドアブランド)
  • テニスウェア:ユニクロ

 

実は僕もフェデラーの使用するPROSTAFF RF97を買ってしまいました。(型落ちで安かったので)

 

黒×黒のデザインがシンプルなのに洗練されていて、かつサラサラのコーティングなのでプレーしていて気持ちよいです。

ラケット自体はアシストは少なめ。しかしコントロール性能が高くボトムヘビーでボレーがしやすい、まさしくオールラウンダーなフェデラーの楽器だなという印象。

 

▼合わせて読みたい

PROSTAFFv11RF97

【1記事で理解】プロスタッフ(PROSTAFF)RF97の評価+レビュー

ウィルソンのラケットを徹底比較。特徴やオススメも【ヘビーユーザーが教える】

 

ウェアは今までずっとナイキでしたが2018からユニクロに変更。シューズは未だナイキですが、もしかしたら後々フェデラーが契約するOnがテニスシューズを開発するかもです。

たつし
たつし
フェデラーも使用するスイスエンジニアリング「On」のスニーカーを購入しましたが、めちゃくちゃ軽いし走りやすい。もはやスニーカーは全部コレで良いかも

 

ようやくRFのロゴが返ってきた

perfect

 

今までナイキが所有権を握っていた「RF」のロゴ。

先日フェデラーの元に所有権が移りユニクロからフェデラーのキャップが販売されましたね。

 

たつし
たつし
ちなみにこのロゴはフェデラーの妻ミルカさんが考えた物らしい。天才すぎる

今まではナイキのテニスシューズだけにRFのロゴは入っていましたけど、これからはシューズだけでなくウェアにも入るのではないでしょうか。

ナダルの基本情報と特徴

nadal

 

✔ナダルの特徴と情報

  • スペイン出身:身長185㎝ 体重85kg→フェデラーと一緒
  • あだ名:「スタミナおじさん」「筋肉おじさん」「メンタルお化け」
  • 全仏13タイトル&クレーで圧倒的な成績を残すクレーキング
  • ボールをぶっ潰す&ウインドミル的なスイングで重いスピンをかけ、じわじわ相手をいたぶるスタミナテニス
  • 近年ではストロークだけでなくサーブ&ボレーにも挑戦しつつ、他のサーフェスでも好成績
  • グランドスラムタイトル20勝(フェデラーと同じ)の中で全仏で13回優勝

 

続いてはクレーキングことラファエルナダルの紹介。

体力と言うかフィジカルでは世界No1なのではないでしょうか。しかしあんなにムキムキなのに実はフェデラーと身長体重が同じ。(恐らくついている筋肉が違うのでしょう)

 

試合では重いスピンボールを多用し、相手をじわじわいたぶる。そして相手が焦ったり甘くなったところで容赦なく決めるイヤーなテニスをするスタミナおじさんです。

ですが元々ナダルのフォアハンドはセミウエスタンくらいで、フラット系の球も全然打てちゃいます。プラクティスだとウインドミルをあまり使わず真っすぐ振っていますね。

↑ナダルの練習動画。芝という事もあって球が速すぎます

 

また彼は他のテニスプレーヤーから戦略家と呼ばれ、試合を見ていると分かるのですがスライスや中ロブなど、場面において最善の選択肢を選んできます。

 

彼の「どこにどれだけ強打しても打ってもボールを返してくる」という強みと球足が遅くなるクレーサーフェスでの相性は抜群。

なんとグランドスラムタイトル中13回(2021年1月時点)が全仏。もう歴史上こんなにクレーサーフェスで活躍する人は出てこないのでは汗

フェデラーに負けず劣らずの化け物です。

 

現在は昔に比べ衰えているもののナダルの走力はトンデモないです。

ホントにどれだけ良い球打っても返してきますからね、、、、。

ナダルの使用ギア

nadal

 

✔ナダルの使用ギア

  • ラケット:Babolat ピュア アエロ
  • ウェア・シューズ:全てナイキ

 

ラケットはナダルらしいスピンのかかるバボラの「ピュアアエロ」

現在も学生や一般プレーヤーから人気で、パワーが出ると使用している人も多いですね。

 

画像にもある通りナダルはナイキ契約をしており雄牛のロゴを持っています。

 

この写真は僕のナダルのテニスウェアを撮ったもので、本当に彼のロゴもカッコいい。

ナイキのテニスアイテムはどれもデザイン性が抜きんでていて一番好きなメーカーです。

 

たつし
たつし
ナイキのテニスウェアはあまり一般的に市場に出回っていませんが、楽天などネットなら購入することができます!使っている人も少ないのでオススメですよ

▼ラファエルナダルも着用▼

スポンサードサーチ

【【【 】】】

フェデラーとナダルは結局どっちが強いのか問題

fedal

 

それでは本題。結局どちらが強いのでしょうか。

 

結論から申し上げますとナダルの方がフェデラーよりも強いと思っています。というのも過去の戦績を見れば明らかで

フェデラー 16勝:ナダル 24勝

 

この数字を見てもな中々フェデラーの方が強いとは言い難いでしょう。

ナダルのバックハンド地獄

 

ナダルの戦略で有名なのが「バックハンド地獄」。

 

ひたすら重いスピンのかかったフォアハンドでバック側を狙われ、浅くなったりコートの外に追い出したところでオープンコートに展開。

フェデラーの得意なフォアハンドが封じられ、自分の得意なラリー戦に持ち込むことができます。

 

フェデラーからしたら無理やりフォアハンドに回り込まなければいけないし、強打してもナダルの走力とスタミナが化け物レベルなので普通にボールが返ってきます。

フェデラーはリスクのある球を打たなければいけませんが、ナダルのストロークはスピンがかかっているためミスしない。こんなプレーヤーが一般の大会に居たら本気で嫌だ。

2017年の伝説の試合から状況が変わり始める

 

2014年までは圧倒的にナダルの方が戦績も良く、ナダル戦でのフェデラーのプレー(特にバックハンド)を見てもナダルの展開に持ち込まれている場面が多くありました。

 

しかしそんな状況が一変します。そう、あの伝説の2017年の全豪オープン決勝です。

 

これは生で見ていましたけど感動しました。

この試合から

  • 2017インディアンウェルズ→勝者フェデラー
  • 2017マイアミ→フェデラー
  • 2017上海マスターズ→フェデラー
  • 2019ローランギャロス→ナダル
  • 2019ウィンブルドン→フェデラー

このようにフェデラーが高戦績を残しています。まぁクレーサーフェスはしょうがない。

 

ここでフェデラーがナダルに勝てるようになった理由を考えてみました。

✔勝てるようになった理由

  1. サーブからのショートポイントの量産
  2. ポジションを上げて速い展開に持ち込む
  3. 「ネオバックハンド」で攻撃の起点を作れるように

サーブからのショートポイントの量産

まず初めにフェデラーは歳の影響もあり、若手のようにラリーをしていると体力が持たずケガをする恐れがあると考えているのでしょう。

 

それ故自らのサービスゲームは

  • サーブ&ボレー
  • 隙あらば前に出る
  • 3球目でのストレート展開

これらショートポイントで体力を温存するようにしました。

特に2017年の全豪オープンではナダル戦より前に錦織・ワウリンカとフルセットプレーしています。

またナダルに対してラリー戦で勝とうとすれば分が悪いため、フェデラーとしては早めにポイントを終わらせたいと思ったはず。

試合のハイライトを見ていても以前に比べ5級以内で終わるショートポイントが増えました。

ポジションを上げて速い展開に持ち込む

 

フェデラーは2014年以前に比べ、特にハードコートでのポジションをより前にしました。

この写真はレシーブ時の写真。彼はナダル戦だけでなく2017年以降「コートの内側での」レシーブ率が高くなりましたね。

 

ナダル側としてはじっくりラリーをしつつ、バック側にボールを集めて主導権を握りたいところ。

テンポが上がれば時間を奪われるため自分の得意な展開に持ち込めません。

 

しかしもちろんフェデラー側にもデメリットがあり、テンポを上げる=自分の時間も奪われるという事です。

 

それにライジングでタイミングを合わせたり、常にフラット気味でボールを打つのは相当の技術が要ります。(この試合でも流れが悪い時はフェデラーもミスをしていますね)

フェデラーの技術を持ってこそできる戦略です。

「ネオバックハンド」で攻撃の起点を作れるように

 

そして最大の要因がまさにコレ。

フェデラーは2017年にバックハンドを大きく進化させ「ネオバックハンド」を習得しました。

 

具体的には

  • 単純に片手バックハンドの火力が挙がった
  • 皆が苦手とするバックハンドの高い打点でも打ち込めるように

こんな所が変化した点でしょう。

 

ナダルは元々フェデラーのバックに打っておけば攻められず、自分の展開に持ち込めると思っていました。

しかしバックハンドの威力が増して攻撃の起点を作れるようになってしまい本末転倒。

「彼は第2セットで悪いプレーをした。何度か連続でミスをしていたと思う。僕の戦術はバックハンドを攻撃するものではなかった。何年も前はそうしていたけれど、もうやらない。」出典:テニス365

実際のナダルのコメントです。

 

実際にこれらの変化からその後のインディアンウェルズ、マイアミ、上海マスターズでナダルをストレートで倒しています。

たつし
たつし
ちなみにWOWOWならフェデラーとナダルのプレーが思う存分見られますよ

 

>>WOWOW公式ページ

▼合わせて読みたい

WOWOWの口コミ・評判を加入歴10年以上のヘビーユーザーがガチ解説!

フェデラーとナダルは歴史上でも最高の選手

fedal

 

こんな感じで今回はフェデラーとナダルを比較しつつ、どちらが強いか分析してきました。

 

10年以上にわたってトップで戦い続け、お互いを友として・ライバルとして尊敬しあっている彼らのプレーを見ることができるだけで十分幸せです。

次に彼らが対戦するのを見た時はお互いの戦略なんかに注目しながらWOWOWで観戦すると勉強になるかも。

 

>>WOWOW公式ページ

▼合わせて読みたい

WOWOWの口コミ・評判を加入歴10年以上のヘビーユーザーがガチ解説!

 

彼らの使用ギアもぜひ参考にしてください。