ジムに通う費用はどのくらい?有名なジムの特徴と料金を比較

健康と科学

どのジムに通うか考える時に必ず重要になってくるのが費用面。

「たくさんありすぎて調べるのは大変、、、、」

そんな方にこの記事はおすすめ。

入会金やコース別の月料金をまとめています。 有名なジムの入会金や月にどれくらいかかるのかを比較してみました。

どのジムに通うか迷っている!って方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもジムに通うべきなのか?と疑問に思った方はこちらの記事をどうぞ。

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ゴールドジム

まず紹介するのは世界規模で有名なゴールドジム

世界30カ国・700カ所以上・300万人のメンバーを誇る世界最大級ネットワークのフィットネスクラブです。

店舗によって微妙に料金が違ったりするので、ここでは代表して名古屋栄店を紹介します。 詳しくは自分が通いそうな店舗の情報を見てください。

ゴールドジム(名古屋栄店)の料金

どうやらマスターメンバーなるものが存在するみたいですが、今回は一般的なレギュラーメンバーの料金を記載したいと思います。

✔料金一覧:ゴールドジム名古屋栄店

入会金:5000円(キャンペーンでよく無料になります

コース 月額料金(税別)

タオル・ウェア・シューズ付きで通い放題:ゴールドコース

18000円
いつでも使い放題:フルタイムコース 15000円
月曜~土曜・祝日 オープン~18:00まで:デイタイムコース 8000円
土・日曜・祝日 9:00〜23:00 (日曜・祝日22:00迄 )まで使える:ホリデイコース
6000円
初めて当施設をご利用の方専用14日間(全営業時間利用可能)通い放題:2WEEKSトライアル 6000円

   ✔ゴールドジムの特徴

ゴールドジムの強みは施設の充実さ。

ジムだけでなくサウナやスタジオエリアなど、合計14か所もコーナーがあります。

また、ジム内のジムショップやラウンジも特徴的で、なんとプロテインを飲めちゃうんです。

普通プロテインは自分で用意しますがゴールドジムではラウンジが設置されており、なかなか飲めない味のプロテインも楽しめるとのこと。

ゴールドジムのプロテインも販売されており、ジムの名前自体がブランドで商品の種類も豊富です。

こちらからプロテインや服などフィットネス商品を買えるので一度ご覧ください。

  大体どこの店舗もこのような値段ですが、あくまでも名古屋栄店の情報です。

それぞれの店舗でキャンペーンや正確な値段は変わってくるので詳しくはそれぞれの店舗情報をご覧ください。

[su_button url=”https://www.goldsgym.jp/” background=”#ef3d2d” size=”14″ icon=”icon: check-square”]HPを見る[/su_button]

Any Time Fitness

 

名前の通り、24時間営業のAny Time Fitness(エニタイムフィットネス)。

こちらも世界4500店舗、国内では600店舗以上ある有名なフィットネスジムです。

なお、これも場所によって料金が異なってくるので詳しくはHPにてご確認くださいませ。

エニタイムフィットネスの料金

入会金は5000円。

しかしほとんどの店舗で5か月継続で無料になるキャンペーンがあります。

料金ですが、東京都渋谷区だと8500円プラス税名古屋駅だと6980円プラス税など結構ばらつきがあるみたい。

だいたい7000円~8000円後半に設定されているようです。

エニタイムフィットネスの特徴

やはり最大のメリットは24時間いつでも行ける点でしょう

仕事が忙しい!という人も自分の好きなタイミングで行けるのでかなり自由度は高いと思います。

施設は各店舗ごとに異なりますが、基本的にシャワー室やロッカールームも設置されていますね。

そしてありがたいことに親が会員の場合、高校生の子供無料で利用できるんです。

家族で利用するとかなりお得にジムに通うこともできるので、ぜひ参考に。

[su_button url=”https://www.anytimefitness.co.jp/” background=”#ef3d2d” size=”14″ icon=”icon: check-square”]HPを見る[/su_button]

スポンサードサーチ

【【【 】】】

コナミスポーツセンター

3つ目はコナミスポーツセンター。

皆さん一度はコナミを聞いたことがあるはず。

こちらは日本全国に展開しており、有名なフィットネスセンターのうちの一つです(遊戯王でお馴染み)

コナミも既に紹介したジム2つと同様に、各施設で料金が変わってくるんです。

それは施設の充実さの基準でⅠ〜Ⅳまで判定し、だんだん料金が上がっていきます。

要するに施設が豊富になればその分料金も高くなるよって感じですね。

コナミスポーツセンターの料金(月額コース)

入会金は登録料5500円+会員証発行手数料1100(税抜き)です。

(なんかこう考えると少し高すぎないか?個人的には感じますが、、、、。)

料金はこちらです。

コナミスポーツセンターHPより引用)

✔︎コナミスポーツセンターの特徴

特長はジムだけでなくスポーツ教室まで幅広く利用できる点です。

Ⅳの施設だとジムだけでなくプールやヨガ教室、サウナまで使えちゃうんです。

またゴールドジムやエニタイムフィットネスと異なるのは、サッカーやテニスなどスポーツ教室が利用できること。

子供をこれらの教室に通わせている間自分はトレーニング、、、なんで利用方法もあります。

さらに各施設ごとのオリジナルプランもありますので、詳しくは近くの施設のホームページでご覧ください。

[su_button url=”https://www.konami.com/sportsclub/riyo/plan.php” background=”#ef3d2d” size=”14″ icon=”icon: check-square”]HPを見る[/su_button]

おわりに

今回は有名なジムの特徴と料金を比較してみました。

ですが、やっぱり施設はちゃんとしているだけあって費用も高いですね。

おそらく紹介したジムのうち1つは一度は聞いたことがあると思います。

まず初めは体験や見学など、その場所を見てから入会することをおすすめします。

この記事が少しでも役に立ったら幸いです。

自分はおとなしく学校のトレーニング室や市民スポーツセンターのジムを利用しようかな、、、、

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードサーチ

【【【 】】】

おすすめのプロテインを知りたい方はこちら

どのプロテインを飲んだらいいかわからない!という方はこちらの記事をどうぞ。