筋トレ|ジムには行くべきか?ジムに通うか迷う人へ

ジム 健康と科学

家で筋トレを始めたはいいものの、ある疑問が浮かんだことがあるのではないでしょうか?

初心者
初心者
ジムには通ったほうがいいの?

そこで今回は僕なりにジムに行くべきかについて答えていきたいと思います。

現代ではアスリートの他、一般の方も筋トレやフィットネスに関して興味を持つ人が増えています。

ですがやはりジムに通うか迷う!という人も多いはず。

そんな人たちにとって役立ったら幸いでございます。

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ジムには行くべきか?ジムに通うか迷う人へ

結論から言いますが、ジムには通ったほうがいいと思っています。

恐らくこの記事を見ている人は自宅で一人で筋トレをしている人だと思います。

そこで、自宅で行う筋トレのメリット、デメリットを紹介するとともにジムのメリットを紹介したいと思いますので続きをご覧ください。

ジムに通わない人のメリットデメリット

まず初めに自宅で筋トレをするメリットとデメリットを紹介していこうと思います。

メリット:手軽さと孤独さ

一人でトレーニング

やはり魅力は手軽にすぐできる点でしょう。

仕事や勉強で忙しい方でも10分もあればできるので手軽さは大きなメリットだと思います。

ちなみに過去の記事で、ランニング40分に相当する4分の超効率的な運動も紹介していますんでそちらもぜひ参考に。

軽く息抜きに筋トレをすることでストレス解消にもなるので、この点が自宅の強み。

また、自宅だと一人でやれるので自由気ままにできます。

ジムに行くと他人がいて気にしちゃう、、、ということもないので、初心者にとってはありがたい点でしょう。

デメリット:一人でできる分追い込みが足りなくなりがち

実は先ほどのメリットはデメリットにも変わりうるんです。

それは一人でできることから、ついついサボって追い込みが足りなくなること。

やっぱり筋トレはきついので、限界が来たらすぐやめてしまいがち。

「きついな、、、もうやめちゃえ!」

こうなる可能性も少なからず。

自宅での筋トレ歴が長く、本当に自分で追い込める人は構いませんが相当意志力が必要です。

僕も自宅でやる時はこのようにすぐやめてしまったことが何度もあります、、、、

その結果あまり筋肉を追い込めず、筋肥大や脂肪燃焼効率が落ちることにつながるんですね。

これが自宅で筋トレをするデメリットでした。

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ジムに通うべき理由

考える男性

それではジムに通う理由を紹介していきます。

✔ジムに通う理由

  • 自宅では使えない器具があるから効率がいい
  • 他人がいることによるモチベーションのアップ
  • お金を払うことで一貫性が働き継続しやすくなる

ジムに通うべき理由1:自宅では使えない、重量系器具があるから効率がいい

まず1つ目は効率面でのお話。

ジムだと重量系の器具が扱えて効率が良く、筋肉がつきやすくなります。

 

普通自宅だと50kgとか100kgの器具を使える人は少ないですし、あるとしてもダンベルくらい。

その点ジムだとかなり幅広く器具が使えます。

特にベンチプレスやバーベルスクワットは王道のトレーニニング。

筋肉への負荷も自重トレーニングより高いので、効率よく鍛えられます。

 

特にウエイトゲイナーのプロテインを一緒に飲むと割とすぐに増量可能。

僕も2か月ほどで約8kg増量しました。

【2か月で8kg増量した僕が教える】オススメウエイトゲイナーを徹底比較!

ジムに通うべき理由2:他人がいることによるモチベーションのアップ

二つ目はメンタル面の話。

他人がいることでモチベーションをアップさせることができます。

 

ジムで他人に見られたり、筋トレしている時に順番待ちされるとどうなるか。

「やばい、、、人に見られている、、、恥をかかないように頑張らないと!!」

このように自分をよく見せようとして、甘えることが自宅に比べて激減します。

 

またジムには言わずもがな、ガチムチのマッチョや普通に筋肉質な人がいるわけです。

その人たちのいる中で筋トレをすることで

「自分なんかまだまだだな」

と、うぬぼれることも無くなります。

 

追いつけ追い越せ状態といってはアレですが、自分の本能を刺激することで筋トレを本気で頑張ろうと思えるわけです。

ジムに通うべき理由3:お金を払うことで一貫性が働き継続しやすくなる

最後ですが、心理学的な話をしたいと思います。

お金を払うなんて、デメリットじゃん!!と思うかもしれませんが実は逆

人は何かお金を払ったり、ある行動をしてしまうとそれ以降にも同じ行動を続けやすくなる性質があるんです。

これを心理学の用語では一貫性なんて言ったりします。

脳内でどうなるか今回のジムの例で紹介すると、

ジムに入会するor回数券を買ってジムに通う→お金を払ったからジムに通うことは価値がある→いかなければお金が無駄に!

こんなプロセスで、我々の脳はジムに行くことが価値があると判断するわけです。

またジムに対してお金を払うという行為がジムにコミット(責任をもって引き受けること)することにもなります。

ここでもしジムに通わないと、自分のお金やコミットが無駄になる、、、

そうならないためにも一貫性を保とう!

という発想につながるんですね。

たつし
たつし
人間は、今まで自分がお金をかけてきたものは価値を感じやすくなるんですよ!

初めは高いと思うかもしれません。

しかし、ある程度お金を払うことで筋トレを習慣化しやすくなります。

一貫性をもっと知りたい方や交渉に活かしたい方はこちらの記事もどうぞ。

気になるジムの料金は?

そこで気になるのはジムのお値段。

市民スポーツセンターからパーソナルジムまで、料金は幅広いです。

そこで以下の記事では有名なジムの料金を比較。

有名なゴールドジムからコナミスポーツセンターなどを紹介しています。

ぜひ参考にしてください!

ジムに通う費用はどのくらい?有名なジムの特徴と料金を比較

ジムに通う費用はどのくらい?有名なジムの特徴と料金を比較

スポンサードサーチ

【【【 】】】

筋トレ初心者のためのおすすめプロテイン選び

ここまでジムには通うべきだという内容で進めてきました。

この記事のポイントはこちら。

✔この記事のポイント

  • 自宅のメリットは気楽にできる
  • しかし自宅だと効率が落ちる可能性が
  • ジムは他人がいることでモチベーションアップ
  • 重量器具を扱えるので効率がいい

 

これを機に皆さんもぜひジムに行くことを考えてみてはどうでしょうか。

 

【2か月で8kg増量した僕が教える】オススメウエイトゲイナーを徹底比較!

【筋トレ】初めてのプロテインは何がおすすめ?一押しを3つ紹介