【二世】セバスチャン・コルダのテニスラケットやプレースタイルを解説します【高身長】

テニス選手
コルダについて知りたい人
コルダについて知りたい人
最近出てきたセバスチャンコルダってなんのラケット使ってるの?他にもプレーススタイルとか色々教えて欲しい

このような疑問を解消します。

✔記事の内容
  1. 【テニス選手】セバスチャン・コルダの基本情報
  2. セバスチャン・コルダの使用ラケットと着用ウェア
  3. セバスチャン・コルダのプレースタイル
  4. 今後活躍が期待される若手の一人

 

たつし
たつし
どうも、テニス好きブロガーのたつし(@tatsushi.k)と申します

 

「セバスチャンコルダの使用ラケットやプレースタイルを知りたい!」

 

最近になって活躍を見せるアメリカ出身のセバスチャンコルダ。

身長が196㎝と恵まれた体格を持ち、ストロークも強力で期待される若手の内の一人です。

 

そこで今回の記事はセバスチャンコルダについて深掘り。使用ラケットからプレーなどを解説します。

✔権威性

  • 小学校1年生から習い事としてテニスを開始
  • テニスや健康で役立つ知識を「たつじんblog」で発信中
  • 中学から本格的にクラブに入り始め10年以上テニスを継続
  • 当ブログでもプロテニスプレーヤーに関する記事を数多く掲載
  • 高校大学はテニス部に入り、現在もテニスプレーヤーとして日々努力する

 

コルダの使用ラケットはWilsonのBLADE98 18×20。しなりと柔らかさが特徴で、ハードヒッター向けの上級者スペックですね。

プレースタイルは若手らしいベースライナーで特にバックハンドが強みかと。

 

このように今回はコルダについて深掘りして解説します。

スポンサードサーチ

【【【 】】】

【テニス選手】セバスチャンコルダの基本情報

 

✔セバスチャンコルダの基本情報

  • 身長196㎝ 体重79kg
  • 右利き 両手バックハンド
  • 出身:アメリカ合衆国 フロリダ州
  • キャリアハイ30位 シングルス1勝のみ(シングルス 2022年5月時点)
  • コーチ:ペトル・コルダ(父親で元テニスプレーヤー。世界最高2位で母親レギナ・ライフルトヴァーも元プロ)

 

セバスチャンコルダはアメリカフロリダ州出身のテニスプレーヤー。2018年にプロ転向してまだキャリアが浅くこれからが期待されている選手です。

 

線は細いですが身長も196㎝とかなり高スペック。

両親ともに元テニスプレーヤーで、姉二人はどちらもプロゴルファーなんだとか。THE・サラブレッドと言わんばかりの血筋ですね。

テニスを始めたのは9歳からでUSオープンを見てから「テニスがしたい」と決心。

それまでは3歳から継続していたアイスホッケーに打ち込んでいましたが、そこからテニスにジョブチェンジしたみたいです。

 

体格やプレースタイル的にもイタリアの若手ヤニックシナーと似ている。彼もジュニア時代はスキーをしていてイタリアのチャンピオンでしたし。

▼合わせて読みたい

【有望】ヤニックシナーの使用ラケットやプレースタイルを解説します【テニス選手】

2021年初タイトルを飾る

 

2021年にクレーコートの250でチェッキナートを破って初タイトルを飾りました。

 

また同年デルレイビーチオープンでは準優勝、そして実はコルダはウィンブルドンと全仏で4Rに進出しています。

タイトル数はまだ1と少ないものの、21歳(僕と同い年)で期待されている若手なんですね。

たつし
たつし
初めてコルダを認知したのは2020年の全仏オープン。4Rで某土魔人にストレートで負けてしまったものの、めちゃ良い球を打つなと感心した記憶が。そこから個人的に同い年なので応援しています

セバスチャンコルダの使用ラケットと着用ウェア

画像

 

✔セバスチャンコルダの使用ギア

 

ラケットもウェアも王手メーカー契約で、いかにも期待の若手と言った印象ですね。

ウェアはアディダスのテニスウェアで、アリアシム・ズべレフ・チチパスなど数多くのトッププロが着用しています。

>>【楽天】アディダスのテニスウェアはこちら 

Wilson BLADE98 18×20

blade8

 

✔BLADEの特徴

  • 緑を基調としたラケットデザイン
  • Wilsonの中でもしなりと柔らかさが特徴のボックス形状薄ラケ
  • アシストは控えめだが柔らかい打感とコントロールが優れている
  • チチパス・デミノー・ハレプなどウィルソン契約選手の45%が使用

 

BLADEはWilsonの中でも「しなりと柔らかさ」が特徴で、クリアな打感が感じられるボックス形状のラケットです。

 

特にチチパスやハレプなどウィルソン契約選手の45%が使用するなど、ウィルソンの中で一番人気のモデル。

実際BLADEを試打したことがありますが、ストロークもサーブもボレーもそつなくこなせる万能ラケットなんですね。

しかしコルダが使用するのはBLADE98のストリングパターンが18×20と、普通の16×19より密なスペックに。

スピンアシストが乏しく飛びにくい上級者向けのラケットになりますが、ボールを自ら飛ばせるハードヒッターに好まれています。

特にプロはハードヒットが当たり前なので18×20を使う人が多いらしい。

 

たつし
たつし
僕達アマチュアでBLADE98の16×19やBLADE100の方がオススメ。初心者~上級者まで幅広く使う事ができますよ。

>>【楽天】Wilson BLADEシリーズはこちら 

 

▼合わせて読みたい

ルキシロンのアルパワーとナチュラルのハイブリッド

ガットは同じくウィルソン「ルキシロン」のアルパワーとナチュラルのハイブリッド。

特にアルパワーの1.30を僕も使用していますが、アルパワーは喰いつきと球離れの気持ちよさが特徴ですね。

 

他メーカのガットよりもルキシロンはちょっとお高いですが、その分持ちも良いですしクオリティが高いのでオススメですよ。

>>【楽天】Luxilonのガットはこちら 

スポンサードサーチ

【【【 】】】

セバスチャンコルダのプレースタイル→高身長ストローカー

画像

 

コルダのプレーを見る感じ若手らしいストローカーですね。スタイル的にハードヒッターよりのベースライナーだと言えます。

 

サーブ・フォアハンド・バックハンドどれも強力で、特にバックハンドのダウンザラインが印象的。

かといってフォアハンドが打てないかと言われればそんなことは無く、フォアバック遜色なく打てるのは強みでしょう。身長も申し分ないですしトップに行けるほどの能力値は十分ありそうです。

しかし気になったのはアンフォースドエラーの多さと手数の少なさですね。

自分もWOWOWで彼の試合を見るのですが、結構立て続けにミスする時はミスするのでそこが残念。

また最近出てきたアルカラスと比較してもドロップショットや緩急をつけるなど、手札をもう少し増やして多彩さを磨けばトップに行けると個人的には考えています。

たつし
たつし
特に最近だと2022年のインディアンウェルズが印象的です。ナダル戦でファイナル5-2のサービングフォーザマッチから立て続けにミスして逆転負けされたのは本当にもったいなかった。

 

▼合わせて読みたい

今後活躍が期待される若手の一人

 

ここまでセバスチャンコルダについて使用ラケットやプレースタイルなど触れてきましたが、コルダも期待されている選手の一人です。

 

僕個人としても同年代で応援していますし、ラケット破壊やマナーの悪い行動もさほど見られず若手ながら落ち着いているなぁと。

まだこの記事を書いている時点で21歳と未来があるので、ぜひともグランドスラムを取ってもらいたいですね。テレビで見ながら応援するしかない。

 

たつし
たつし
ちなみにコルダの試合やその他テニスの試合はWOWOWで基本的に見ることができます

 

僕もWOWOWに10年以上加入していますが、テニスの試合は基本これ1つで満足。4大大会もマスターズも基本視聴可能。気になった方はぜひ参考にしてください。

▼合わせて読みたい

 

今回はコレで終わり。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

▼当ブログの人気記事

サムネ

【絶望】あなたがテニスの試合に勝てない理由を全力で考察する【辞めたい人必見】

【大坂なおみ】テニスの試合をテレビ放送で見る方法【錦織圭】

WOWOWの口コミ・評判を加入歴10年以上のヘビーユーザーがガチ解説!

ウィルソンのラケットを徹底比較。特徴やオススメも【ヘビーユーザーが教える】