【テニスラケット】ボックスとラウンド形状とは?違い・特徴・オススメを解説

形状 テニス
初心者
初心者
テニスラケットのインプレ動画でよくボックス形状とかラウンド形状って聞くけど、あれって何?よくわかんないから違いとか教えて

このような疑問を解決します。

✔記事の内容

  1. テニスラケットの「形状」とは
  2. ボックス形状とラウンド形状の違い
  3. ボックス形状とラウンド形状の代表格とオススメラケット

 

たつし
たつし
どうも、テニス好きブロガーのたつし(@tatsushi.k)と申します

 

「テニスラケットの形状って何、、、?」

 

テニスラケットでも色々種類がありますが、その中でもちょくちょくインプレ動画とかで言われる「形状」。

初心者からしたら何言ってるのか分からない方も多いでしょう。

 

そこでこの記事ではテニスラケットの形状や違い、オススメについて詳しく解説するのでご安心ください。

✔権威性

  • 小学校1年生から習い事としてテニスを開始
  • InstagramやYouTubeでも自身のテニス活動を発信
  • 中学から本格的にクラブに入り始め10年以上テニスを継続
  • 高校大学はテニス部に入り、現在もテニスプレーヤーとして日々努力する
  • 高2の時に心理学や健康の知識に興味を持ち、役立つライフハック的知識を当「たつじんblog」で発信

 

先に結論だけお話すると、形状とは「テニスラケットのフレームやシャフトの断面」を表します。

 

大きく分けて断面は

  1. 角ばったボックス形状
  2. 丸みを帯びたラウンド形状

この2つに分けることができるんですね。

 

その他特徴や代表的なラケットは後ほど説明しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードサーチ

【【【 】】】

テニスラケットの「形状」とは

形状

 

冒頭でも説明した通りテニスラケットにおける形状とは

「フレームを切った時の断面」

このように捉えられます。

 

そこで大きく分けると、少し角ばったボックス形状と丸みを帯びたラウンド形状の2つに分けることができるんですね。

正確にはもっと種類がありますが、ざっくり説明すると以下のような感じです↓

形状の説明

 

例えばスリクソンのレヴォやYonexのVCOREなど、断面が多角形のようなハイブリッド形状もあります。

ですが大体は上記の2つに分かれるので、今回その他の形状に関しては割愛させていただきますね

形状=フェイスの形ではない

初心者
初心者
え、形状ってフレームの形じゃないの

このように思う方が非常に多い。

 

僕もこのようにフレームの形=形状だと思っていましたが、実際そうではありません。

このように判断するならラケットは全部ラウンド形状ってことになりますからね笑

 

繰り返しますが形状とは「フレームの断面」でございます。

ボックス形状とラウンド形状の違い

green and black tennis racket

 

これまで形状についてそもそもを説明しました。

しかし

初心者
初心者
形状は分かったけど、何が違うん?特徴が知りたいんだが

このように思う方が多いでしょう。そこで次にボックスとラウンド形状について特徴をそれぞれまとめますね。

ボックス形状

ボックス形状

 

✔ボックス形状の特徴

  • しなりやすい
  • どちらかと言うと飛びは抑えめ
  • マイルドな打球感でボールをしっかり乗せて打てる

 

改めてボックス形状のラケットとは断面が長方形で角ばった形のラケットの事。

総じて飛びが控えめでしなりやすい、かつ打球をコントロールしやすい特徴があります(もちろん使用するガットやプレーヤーにもよるけど)

プロが好んで使う印象

現在プロの中でもフェデラーやジョコビッチ、チチパスなどプロが多く使っている印象を受けます。

一時期は黄金スペックのラケットが主流でラウンド形状を使用する選手が増えましたが、また近年若手を筆頭にボックス形状が増えた気が。

 

あくまでも主観でデータを取ったわけでは無いので、そんな気になさらず。

ラウンド形状

フォニーニ

 

✔ラウンド形状の特徴

  • ラケットが硬くしならない
  • ボールを弾くため飛び安くパワーが出る
  • 打球感はボックス形状に比べてボヤける印象

 

そして次はラウンド形状。フレームとシャフトの断面が丸みを帯びた形状ですね。

 

特徴はボックス形状に比べて打感が硬く、カンカンした当たり。しかしその分ボールが飛びやすくパワーが出やすいメリットがあります。

しかし打感はボックス形状に比べボヤける機種が多いですね。

 

テニス初心者や女性でも比較的簡単にボールを飛ばせるラケットが多いです。

スポンサードサーチ

【【【 】】】

ボックス形状とラウンド形状の代表格とオススメラケット

person in black and white nike sneakers holding blue and white tennis racket

 

最後にボックス形状とラウンド形状の代表格・オススメラケット情報を紹介。

 

先ほどそれぞれの特徴をざっくり解説したものの、ぶっちゃけ機種によって打感や硬さは異なりますね。

例えばラウンドなのに比較的柔らかめだったり、逆にボックスなのに硬くてしならなかったり。

 

今回紹介するのは比較的代表的で有名な物なので、ぜひ参考にしてください。

ボックス形状のオススメ・代表格ラケット

✔ボックス形状のオススメ・代表格ラケット

 

大体ボックス形状で代表的なラケットは上記の5つ。1つずつ特徴やポイントを説明していきますね。

プロスタッフ(Wilson)

PROSTAFFv11RF97

 

まずはなんといってもWilsonのPROSTAFF(プロスタッフ)がボックス形状の代表的なラケットでしょう。

 

プロスタッフはサンプラス、フェデラー、ディミトロフなど20年前からある伝統的なラケット。

ラケットアシストは少ないものの、ボールを潰した時の心地よい打感とコントロール性能がたまらない機種です。(僕も使用しています)

 

プロスタッフはボックス形状の中でも結構硬くしならない方ですので、面ブレもさほど起きない。

何よりルックスが黒で洗練されているのが本当にカッコよくてオススメです。

 

たつし
たつし
PROSTAFFに関してはこちらの記事もどうぞ!

 

▼合わせて読みたい

【ウィルソン 】PROSTAFFv13を徹底評価・レビュー【原点進化】

【1記事で理解】プロスタッフ(PROSTAFF)RF97の評価+レビュー

 

>>最新のPROSTAFF(プロスタッフ)はこちら

VCORE PRO(Yonex)

 

2つ目はYonexのVCORE PRO

ワウリンカ、ティアフォーが使用するしなりが特徴のボックス形状ラケットですね。

 

ヨネックスのラケットの中でもVCORE・EZONEなどありますが、一番しなるのではないでしょうか。

しかしフレーム厚が21㎜フラットとなっておりますので、パワー負けはしない。

 

ちょっと緑と紫のコスメが〇ヴァ初号機みたいですが、カッコいいですよ。

>>最新のVCORE PROはこちら 

プレステージ(HEAD)

プレステージ

 

3つ目はHEADのプレステージ。チリッチが使用しています。

こちらもボックス形状の代表格として3本の指に入るくらい有名なラケット。

 

従来のHEADのプレステージは硬いし、網目が多いし飛ばないしで結構使用するハードルが高かったんですよね、、、

しかし現在のモデルはグラフィン360テクノロジーによりしなりと柔らかさが増しました。

 

それにスピンが以前に比べ掛かりやすくなっているので、敷居はかなり低くなったかと。

とはいえど初心者向けというよりか、中級者~上級者向けでしっかり振れる人にオススメのラケットですね。

>>HEADのプレステージはこちら 

グラファイト(Price)

グラファイト

 

4つ目はプリンスのグラファイト系統。

プリンスの伝統的なボックス形状ラケットでして、現行モデルのファントムグラファイトはかなり柔らかい打感に。

 

先ほどのプレステージやウィルソンのBLADEなどと同じく、ボックス形状ではあるものの現代テニスに合わせてパワー負けはしません。

どうやら近年はしなる×飛ぶというラケットが増えているようですね。

 

より柔らかい打感が欲しい!という方はこちらのグラファイトがオススメです。

>>ファントム グラファイトはこちら

ラウンド形状のオススメ・代表格ラケット

✔ラウンド形状のオススメ・代表格ラケット

 

ラウンド形状のオススメ・代表格ラケットはこちら。

1つずつ説明していきます。

ピュアドライブ(Babolat)

フォニーニ

 

THE・ラウンド形状と言ったらやはりピュアドライブでしょう。周りに必ず数人使っている人がいrくらいメジャーですね。

 

飛ぶ・硬い・パワーがあるとラウンド形状の特徴を全て兼ね備えており、初心者でも簡単にボールを飛ばすことができる人気機種。

しかし飛びすぎるという声も多く、僕もぶっちゃけ打感は苦手です。笑

 

パワーが欲しい人にオススメの機種です。

>>ピュアドライブはこちら

ピュアアエロ(Babolat)

ナダル

 

ナダルの使用ラケットでお馴染みバボラのピュアアエロ

 

こちらもラウンド形状の代表格ラケットでして、スピンが勝手にかかるのがありがたい。

スピンが勝手にかかってくれるとミスも激減しますし、ラケットにこだわりがないならとりあえずアエロを選んでおけば問題無し。

 

黄金スペックで誰でも使いやすいスピンラケットですよ。

>>新作ピュアアエロはこちら

EZONE(Yonex)

 

3つ目はYonexのEZONE。キリオスや大坂なおみが使用しています。

 

EZONEはラウンド形状の中でも結構特殊でして、飛ぶけれど案外しなるんですよ。

通常ラウンド形状はカンカンした硬い打感が特徴的ですが、EZONEは喰いつきが良い事で有名。

 

飛ぶけれどスピンもかかるし、ストロークブンブン振ってなんぼのラケットです。

 

どちらかと言えば学生やストローカー向けの機種かな、、、?

>>新作YONEX EZONEはこちら

ULTRA(Wilson)

ULTRAサムネ

 

そして最後はWilsonからULTRAシリーズ。

錦織がBURNからULTRA95cvに機種変更しましたが、前作のBURNと似ていてラウンド形状の硬いラケットですね。

 

特に錦織が使用する95cvは錦織らしい、ガツンと振りぬけば重いスピンのかかるストロークが打てる機種。

しかし前作のBURNは結構飛んだもののULTRAでは飛びが抑えられている印象があります。(正直BURNと打感はかなり似ているけど)

 

  • 95cv→錦織使用のストローク向けのラケット。結構難易度が高い
  • 100→黄金スペックのラウンド形状ラケット。シンプルに使いやすい

 

普通に黄金スペックもありますので、ぜひこちらから検索してみてください。

>>WIlson ULTRAシリーズはこちら

 

▼合わせて読みたい

【ウィルソン】ULTRAの徹底評価&インプレ!錦織圭も使用

ウィルソンのラケットを徹底比較。特徴やオススメも【ヘビーユーザーが教える】

 

たつし
たつし
てな感じで今回は終わり。ぜひ参考にしてくださいね。